報告書の書き方

報告書・レポートなどの提出物についても稟議書とポイントは同じだと思いますのでまとめておきます。
a0002_011008.jpg
・5W2Hは同様に押さえておく
たとえば展示会に行ってきた後の報告などを行うときには、5W2Hを抑えて報告すると書きやすくなります。日時・展示会の場所・展示していた会社・展示していた内容・金額いくらくらいの製品が・何に使えるものなのか?(どう便利なのか?)そして、最後に展示会に見に行った自分がなぜそこに注目したのか?をまとめるといいかと思います。

・撮影可能ならば写真を撮る
最近は携帯にはカメラが付いていないことの方が少ないくらい当たり前の存在になりました。折角の展示会ですから携帯で写真をとりまくって、写真を各所に貼り付けていけばわかりやすい報告書が完成すると思います。携帯のカメラなのできれいな写真は撮りづらいものですが、コツとしてはなるべく近くによって撮影すればいいと思います。iphoneクラスでも十分きれいに報告書で使えるレベルの写真が撮影できますよ。

・あまり長ったらしくは書かない
これは、展示会程度の報告書に限ったことですが、あまり長々と書いても結論がわからなくなってしまいますので、せいぜいA4で1〜2枚程度ではないでしょうか?

簡単に書いてしまいましたが、実際に素晴らしいと思われる報告書を書くのには訓練が必要だと思います。何度もほかの人に見てもらうことで、グレードの高い報告書が完成させることができるでしょう。ぜひ試してみてください。
タグ:報告書