事故が起こってしまった時の報告書・修理稟議書の書き方について

安全運転を心がけていても事故は起こってしまうものです。不幸にも会社の車で事故にあってしまった場合についても当然、報告書として書かなければいけないと思います。事故の報告書は基本は稟議書などと押させておくポイントは一緒ですが、事故が故に書かなければならない項目もありますのでぬけが内容にしましょう。

最低限現場で押さえておかなければならないポイント
相手がいる場合は当然、警察・救急車を呼ぶことは必須です。できればその場で会社の総務側にも連絡を入れておきましょう。自走不能の場合はレッカーなどの手配をしてくれる場合があります。けが人がいる場合にはけが人の救護が最優先ですが、事故処理が終わった後でもけがの状況等はメモしておきましょう。
また、現場見取り図なども携帯などで写真を撮りながら、お互いの進行方向や一時停止・信号・制限速度などの情報を細かくメモしておきましょう。
相手の連絡先、車両名・色・ナンバー・相手の加入保険会社連絡先などがわかればこちらもメモをおすすめします。合わせて、立ち会っていただいた警察官の方の所属とお名前を聞いておきましょう。

報告書へ最低限記載が必要だと思う事項
事故が起きた場所、時間、運転していた人の名前、事故の概況と見取り図、車の破損個所については
最低限必要です。相手がいる場合は当然相手の運転手の氏名、保険会社名と車種・破損状況が必要だと思います。概況についてはどういう道路(制限速度は何キロか?車線数は?)で、進行方向を確実に押さえておくことと、何が原因で事故が発生したかを記載しておきましょう。けががあれば、だれがどの程度のけがをしているかを明記しましょう

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。