稟議書の書き方 コツ フォーマットに従って書く

フォーマットに従って書くのが一番楽なのですがフォーマットがない場合もあります。その場合は、ネットからテンプレートをひろって書いてみたらいいと思います。どのテンプレートも大体同じような内容となりますが

1.決裁を求める事項
2.金額
3.理由
4.代替案
5.本案を薦める理由。
6.メリット・デメリット
7.実施時期の説明
8.実施内容の詳細説明

ちょっと思いついた順番にかいてしまいましたがこんなところが説明できていれば大体OKだと思います。
必要に応じて資料の添付を行ってください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。